2011年03月10日

3月の定期

 さあ、3月は今年度最後の定期演奏会です。

 この最後を飾るのは、ドボルザークのチェロ協奏曲シューマンの「春」です。
 まずは、ドボルザーク。聴けばだれでも知っている超有名曲です。日本人の琴線にふれる旋律満載。さすがチャイコフスキーと並ぶ、メロディ・メーカーだけのことはあります。
 この曲は愛称で“ドボコン”と呼ばれます。(なんだか池に落ちたみたいですかね?)“コン”はコンチェルトの“コン”です。ドボルザークには、昨年度の仙台フィル定期にも登場した、素晴らしいヴァイオリン協奏曲もあるのですが、こっちはドボコンではありません。あくまでもチェロ協奏曲が“ドボコン”なのです。

 同じような例では、“メンコン”“チャイコン”があります。(何の曲のことを指しているかわかりますか?)でも、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を“ベトコン”とは言いませんのでご注意・・・ドボコンは素晴らしくイイ曲なのですが、独奏チェロは超難しいのです。テクニックもそうなのですが、どちらかというと、いかに抒情性豊かに弾くか、つまり簡単に言うと、いかに客を泣かせるかが難しいわけです。
 今回はきっと泣かせてくれるはず。ハンカチ持ってお出かけを

 そして、シューマンの交響曲第1番「春」ですが、まさしくこれから春を迎える時季にはピッタリの曲。あふれんばかりの燃えるような春が朗々と鳴り響きます。ウキウキしますよ。自然と身体が揺れだします。
 マエストロ山下が楽しそうに踊るように振っている姿が目に浮かびます。

 シューマンの交響曲は4曲あるのですが、一般に「シューマンのオーケストレーションは下手だ」と言われます。楽器が重なりすぎてもったいないとか、せっかく細かいことをやっているのに、かき消されて聞こえないとか・・。
 誰だ!そんなことを言う奴は!そんなこと、どうでもいいじゃないか!イイ曲は良いのだ

 とにかく魔チョコはシューマン大好きです。皆さんの感想は?
 では。

posted by machoco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔チョコ