2010年09月11日

9月の定期

 暑い日が続きます。魔チョコは東京に居るので、死にそうな毎日に耐え続けています。仙台も今年は暑かったですか?

 さて、この記録的猛暑を予想したかのように、9月定期ではスカッとしていただきましょう!
 メインプログラムはマーラーの“巨人”です。“ジャイアンツ”じゃありませんよ。“タイタン”のことです。マーラーの交響曲は長くて難しそう?と敬遠ぎみのあなた!心配ご無用。掛け値なしで、クラシック音楽の中でも1、2を争う『気分爽快』の曲です。
 演奏時間も55分くらいですから、飽きることはありません。グッとくるし、超カッコイイし、老若男女問わずおすすめの逸品です。3楽章は、コントラバスのソロで始まります。珍しいでしょ?難しいんですよ。その旋律は、みなさん絶対知ってます。最近では、引越屋さんのCMでもお馴染みの“あの”曲です。
 そして、この“巨人”という曲はCDではなく、実演でなければ絶対に味わえない“あるポイント”があります。4楽章の最後の、一番カッコいいところでホルンがいきなり立って吹くのです。演出ではありません。ちゃんと楽譜にかいてあるのです。これは実際に演奏会に行って見てみなくては!とにかく暑さが吹っ飛ぶこと間違いなし。きっと帰り途には、みなさんメロディを口ずさんでいるはず。

 今年はマーラー生誕150年のメモリアルイヤーなんですよ。記念にぜひ聴きにきてくださいね。そして今回の定期は、“お得感”タップリ。マーラーの前にはモーツァルトです。このディベルティメントは、“長い”のです。50分近くあります。弦楽にホルンが2本ついた軽快な曲。しかしそこはモーツァルト。美しいメロディなのに、もの悲しい響きが漂います。第3楽章のメヌエットは、誰でもおそらく一度は耳にしたことがあると思います。

 贅沢な2曲の9月定期、行かなきゃ損々!心洗われるモーツァルトとゴージャスな大編成のマーラーで暑気払いしてみませんか?では!
posted by machoco at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔チョコ