2010年05月01日

5月の定期

 これから毎月の仙台フィル定期の曲目を思い入れたっぷりでご紹介します。みなさん聴きに行きたくなること請け合いです!

 記念すべき第 1回は、5月定期のスメタナ「わが祖国」全曲です。この「わが祖国」は、滅多に全曲で演奏されることはありません

なぜかというと、“長い から”です。

 でも、この曲だけでおしまいというにはちょっともの足りないのです。ですからプロのオーケストラの定期演奏会で聴けるとい うのはそれだけでも貴重です。長いと言っても大丈夫。
 第2曲のモルダウはだれもが知ってる名曲ですが、モルダウだけを聴くのは、歌舞伎でいうと 幕見と一緒、お気軽なのはいいのですが、やっぱり全部聴かなくちゃ、良さはわかりません。初めて聴く人にもグッときます。美しくてカッコイイ。どちらも楽 しめます。

 魔チョコが、大学オケで初めて演奏したのが、第5曲“ターボル”でした。
 モルダウのような曲をイメージしていたの ですが、短く暗い曲だったのです。でも練習しているうちに、いい曲だと思えるようになりました。
 そして、この“ターボル”は第6曲“ブラーニ ク”への序章だったということに気付きました。

 6曲とも、スメタナの思い入れタップリの力作です。毎年チェコのプラハでスメタナの命日 (5月12日)に行われるプラハの春音楽祭のオープニングがこの曲です。
 全6曲、確かに長いのですが、この曲は「大河ドラマ」だと思って聴いて いただくと、長く感じません。山あり谷あり、自然あり、人間模様あり、とにかく聴いていて飽きません。

 魔チョコは、第1曲と第6曲がお 気に入りです。みなさんは、第何曲がお気に入りになるでしょうか?ぜひ5月定期でお確かめ下さいな。
 えっ!やっぱり長いのは苦手?でも、心配あ りません。通常、実際の演奏会では、第3曲と第4曲の間に休憩がありますよ。ぜひ5月定期に来てね。

 それでは、また来月お目にかかりま しょう。お楽しみに!
posted by machoco at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔チョコ